緊急小口資金とは何か?

国の行う生活福祉貸付制度の一つで、「緊急的または生活が困難となった時に一時的に借りる事ができる少額のもの」の事を指します。

10万円
担保、保証人なしで10万円までとなっています。
審査 手当を受けるためには審査が必要になります。
即日 お金に困った時、すぐに融資は可能か?

生活福祉資金貸付制度の一種である緊急小口資金

生活福祉資金貸付制度には、利用者のその時点での状況や目的・ニーズに合わせた貸付が用意されています。 具体的には、「総合支援」「福祉」
「教育支援」「不動産担保生活」
の大きく分けて4種類が用意されています。 これまでは、更生、福祉、修学、療養・介護等、緊急小口資金、災害援護、離職者支援、長期生活支援、要保護世帯向け長期生活支援、自立支援対応の10種類が用意されていましたが、平成21年10月より、制度の見直しによってわかりやすく4種類にまとめられました。 生活福祉の貸付制度は、わかりやすく言えば、銀行などでも目的に合わせたローンが各種用意されており、例えば車の購入金の調達なら「マイカーローン」、教育関連の取得なら「教育ローン」などが用意されているのと同様に、それぞれの目的に合わせた資金を借りる事ができるようになっています。 ただ、緊急小口資金などの生活福祉の貸付制度は「国が行っている」という点が、銀行等の貸付制度とは大きく異なっています。 また、一般の銀行等と比べれば低利子ではあるものの、利子が付くものもあり、利率は利用する貸付制度によってそれぞれに異なります。

「緊急的または一時的に生活が困難となった時」とは

緊急小口資金利用の目的とされる急用または一時的に借りるとは、医療費または介護費の支払い、火災等による被災、その他やむを得ない理由がある時、などとされています。 いずれも代金の支払いがひっ迫した状況になった場合に利用できるとするもので、長期に渡って継続して支払いが困難となっている場合は現時点では対象としていません。

緊急小口資金は返済の義務がある

緊急小口資金は、国による一時的に借りる貸付制度です。 生活に困窮したから支給されるという、生活保護のような性質のものではないため、返済する必要があります。 当然、利子も同時に確実に返済しなければなりません。 ただし、生活福祉の貸付制度に採用されている利子は非常に低利であり、貸付の種類によっては無利子で貸付を受ける事も可能となるため、銀行や消費者金融などから借り入れを行うよりも安心です。 また、返済の方法等は、貸付を受ける際に担当窓口に忘れないように確認してください。 緊急小口資金の生活福祉は、各都道府県の社会福祉協議会が窓口となっており、貸付の相談や申し込み、審査等、全てが社会福祉協議会で行われています。 なお、申込み前の相談等は、社会福祉協議会だけでなく、お近くの民生委員でも相談を受け丁寧なサービスの対応ができるとしています。

国の貸付制度である緊急小口資金を利用する事

日本だけでなく世界的に不景気で安定しないと言われているこの世の中で、一時は安泰と言われていた職種に就いた人もリストラされたりボーナスカットが当たり前のように行われています。 また東日本大震災のような大きな地震がいつ起こるかもわからない状態で贅沢な暮らしでもなく普通に幸せな暮らしをすることは以前より難しくなってきました。 万が一のことが自分や家族にも起こってしまう可能性があるの為に緊急小口資金が設けられています。 もちろん、その時のための保険や貯蓄、対策ができているに越したことはありませんが、実はなかなか難しい事で準備ができていない方も非常に多い状態です。 しかしそのような時にも慌てないで済むような緊急小口資金などの国の貸付制度があります。 銀行や信用金庫、消費者金融などもありますが金利が掛かってしまいますし、借金を背負ってしまう事でまた家計にマイナスとなり大きな負担になってしまいます。 認知度が低い事や情報が少ないことなど様々な要因がありますが、一時的に借りることが可能な国の制度は積極的に活用していく事も必要です。 ポイントとしては近年では生活保護の不正受給問題などが定期的に新聞やニュースなどでも特集され世間体的には冷たい目もありますが、緊急小口資金では条件に当てはまり審査をしっかりと受けて手当を貰うことができる人までそのような状態になってしまうのは問題です。

必要書類

このページの先頭へ